多様なカプセル

ヘルペスの感染原因・症状・治療法について

薬を飲んでいる女性

チクチクとした感覚とともに複数の水ぶくれが現れるヘルペスは、最初は皮膚に違和感がある程度ですが、それから間もなくプツプツと水ぶくれが見られます。
決して大きなものではなく、小さいことが特徴です。
小さくても、悪化させると目立ってしまうので要注意です。
痛痒くて唇にできると食事のときに特に気になり、見た目も決して良いとは言えません。
気になる感染経路は、種類によって異なります。

口唇ヘルペスなどの場合は患部をさわった手が感染経路となることが多く、性器ヘルペスなどの場合は性行為、水疱瘡は飛沫感染がうつるきっかけとされています。
疲れていると風邪を引きやすいように、抵抗力が下がっているときはヘルペスにも感染しやすくなるでしょう。
普段から疲れを溜め込まないようにしっかり睡眠を取ること、そしてバランスの良い食事を心がけることです。

潜伏期間は短くて約2~3日、長い場合は約7~10日と言われています。
身近な人がかかってしまい、ご自身も皮膚に何かできた場合は早めに治すようにしてください。
逆の場合も、気づいたら病院で治療を受けて人にうつさないようにすることが大切です。
具体的な注意点は実際に病院へ行き、医師に相談したうえで指示に従うようにしましょう。

口唇ヘルペスと性器ヘルペス

口唇ヘルペスは、主に唇にできるものです。
最初は唇が乾燥して荒れているように思ったり痛みがあったり、感覚は人それぞれと言えます。
もしも家族や恋人など身近な人が感染してしまったら、共有しているコップをそのまま使うとうつる可能性が高くなるでしょう。
唇にできたヘルペスが、目にうつって角膜ヘルペスになることもあります。
充血だけでなく涙目になってしまうなど、とても不快な状態になります。
角膜なので放置すると、大変危険であることも事実です。

クラミジアと並んで感染する人が多いのが、性器ヘルペスです。
クラミジアと同じものではなく、口唇ヘルペスのように水ぶくれができるだけでもありません。
人によっては、性器の他に太ももなどに症状が現れる可能性もあるとされています。
男性と女性では、症状の出る場所が異なります。
男性は主に亀頭、女性は外陰を中心に症状が出ることが特徴です。

恋人にうつさないためにも、違和感があったら早めに病院へ行くことです。
話しづらい内容であっても、恋人にはきちんと伝えてうつさないようにしましょう。
注意したいのは、かかっても症状が出ないことがあるという部分です。
避妊具を使うなどして、知らないうちにパートナーにうつることがないように心がけてください。
上半身と下半身、水ぶくれの出る場所は違いますが再発があることは共通しています。
悪化させないように、早めに対処することが大切です。

帯状疱疹と水疱瘡

水疱瘡は約14日間の潜伏期間を経て、発熱とたくさんの発疹が出ることが特徴です。
発疹が痒みをともなうため、掻いてしまわないように気をつける必要があります。
発疹は約7日でかさぶた状になって消えるとされています。
幼い頃に水疱瘡になった経験がある人がいるように、感染するのは小児が約9割と言われていますが、大人がかかることがあるのも事実で重症になりやすいです。

帯状疱疹は上半身にできることが多く、片側に痛みを感じたあと赤い発疹が現れます。
帯状に発疹ができること、そして強い痛みに悩まされることが特徴と言えるでしょう。
人によっては熱が出ることもあり、赤い発疹に続き水ぶくれが出てからかさぶたになります。
ここまでが約3週間ですが、痛みが残ることがあるため早めに治療するようにしてください。

発症することが多い年代は50代ですが、若い世代もかかることがあります。
小さい頃に水疱瘡になった人はウイルスを持っており、ストレスの積み重なりや年を取ったことなどが原因で発症します。
生活習慣を整え、改善すべきところがないか見直すことが予防策のひとつとして挙げられるでしょう。
帯状疱疹にかかるのは一度だけで、再発する人はとても少ないです。

ヘルペスの治療方法は?

ヘルペスができてしまった、発症している人と接して兆候が見られる、そのような場合はまず病院へ行ってください。
口唇ヘルペスなら皮膚科、性器ヘルペスなら男性は泌尿器科で女性は産婦人科といったように把握しておくと迷うことなく行かれるでしょう。
医師に状況をできるだけ詳しく話し、もしも身近に感染している人がいる場合はそのことを伝えるのも参考になると考えられます。

病院によって詳細は異なりますが、診察や検査を行って飲み薬や塗り薬を処方されます。
日常生活での注意点としてアドバイスがあれば、きちんと従うようにしましょう。
水疱瘡も同様で、早めに病院へ行くことです。
小児のときにかかることが多いので、保護者が誤った判断をしないようにくれぐれも注意してください。

勝手に判断せず、医師の診察を受けて処方された薬を飲むことです。
感染を防ぐため、学校は欠席せざるを得ません。
医師の許可が出るまでは、安静にしましょう。
帯状疱疹も同じように病院へ行くべきです。
合併症を起こしたり、痛みが残ったりすると日常生活に支障が出てしまいます。
ヘルペスの種類が違ったとしても不調であることは事実なので、早めに見つけて治療を受けることが一番です。