多様なカプセル

トリコモナスの治療薬:フラジールの効果と副作用

フラジールという薬は、抗原虫剤と呼ばれているメトロニダゾール系のグループの仲間に入る薬になります。
フラジール有効成分のメトロニダゾールは、原虫の体内あるいは細菌内でニトロソ化合物に変化して抗原虫作用に示されます。
原虫が分裂、増殖する際に必要なDNAに障害を起こすことで増殖を抑えてくれます。
トリコモナス症の主に女性の膣や尿道にトリコモナス原虫が感染して起こります。

フラジールを飲むことによってどのような効果があるのかといいますと、外陰部の痛みや痒み、尿を出す時の不快感、嫌な匂い、生理中の痒み、尿の泡立ちやおりものが増えたりする症状を改善する効果があります。
一般的な抗生物質が効きにくい嫌気性菌による細菌感染症、細菌性膣性、ヘリコバクター、ピロリ感染症、アメーバ赤痢、寄生虫のうち単細胞にも有効です。
あまり知られていないようですが実は口臭なども予防する効果があります。

フラジールの使用方法と治療期間

フラジールの使用方法としては薬を飲んで使用するという方法になります。
しかし薬を飲む料金や期間などの使用方法は症状により異なります。

  • トリコモナス症:1クールとして1回に250mgを1日2回
  • 嫌気性菌感染症:1回に500mgを1日に3回から4回
  • 感染性腸炎:1回250mgを1日に4回、1回500mgを1日3回
  • ヘリコバクターピロリ感染症:1回200mgを1日に2回
  • アメーバ赤痢:1日500mgを1日に3回

基本的には口から飲む錠剤での治療になります。

治療期間としてはだいたい1週間から10日程になります。
きちんと薬の用法や用量を守って飲まないと治療期間がさらに長引いてしまう可能性もありますので、薬の飲み忘れなどはしないように注意をしないといけません。
薬は原則としては水かぬるま湯で飲むようにして、病院の先生の指示に従い、薬を食前に飲むのか、食後に飲むのかタイミングをきっちり守るようにします。
また、食事の不規則な人は食前、食後の指定にこだわらずに薬を飲む時間を決めるようにすると良いです。

フラジールの副作用

フラジールは長い間使い続けられてきた薬なため比較的には安全な薬になります。
トリコモナス症や、それ以外の病気や感染症にも高い効果があるのですが副作用がないわけではありません。
軽い副作用としては、胃不快感、発疹、食欲不振、吐き気、頭痛、腹痛、暗赤色尿、血便、頻回の下痢、などの症状のある副作用がみられたりします。
重篤な副作用は滅多にないのですが薬を大量に飲んだり長い期間服用し続けていると副作用の初期症状がある可能性があります。
末梢神経障害では、ふらつき、歩行障害、痙攣、意識障害、無菌性髄膜炎では、高熱や水ぶくれ、目や口などの粘膜のただれ、全身の発赤などになります。

フラジールの副作用として血液の病気がある人が薬を服用すると白血球の減少と好中球の数が減るという事があらわれる事があります。
そのため定期的に血液検査をしないといけません。
副作用としては、ふらつき、中枢神経障害、の症状があらわれたらすぐに病院の先生に相談をするようにしましょう。

フラジールの購入方法

フラジールの購入方法としては、病院に行き内服錠として処方してもらって購入するか、通販のサイトで自分で購入するかの2つの購入方法があります。
フラジールを通販で買うメリットとしては、誰にもばれずに薬を購入できるというメリットがあります。
処方箋医薬品であっても種類によっては海外では処方箋なしで購入することができます。
女性なら産婦人科に行きデリケートゾーンを医師に診てもらう恥ずかしさを回避することもできるし、病院にいく手間や時間もかかりません。

しかしデメリットもあります。
海外製のジェネリック薬品などを取り扱う多くの通販サイトは、クーリングオフ制度がないことがデメリットになります。
逆にフラジールを病院で処方してもらうメリットとしては、保険が適用されるので薬の値段を安くで購入することができる事と、医師による診察があるため、副作用や何かあっても心配する必要がないのがメリットになります。
デメリットとしては、保険証を使うため、家族や旦那にばれてしまうのがデメリットになります。